大腸の内視鏡検査は進んできた。

大腸の内視鏡検査は、一番確実にここの病気を見つけることが出来る検査です。でもその恰好から、多少恥ずかしいというのと、事前に色々としておかないといけないというので、あまりやったことのある人は多くないです。昔は下剤を飲んで、大量の水を前日か二日前くらいから飲み始めることになります。そうすることで、腸にある老廃物を綺麗にするという作用があります。腸が綺麗になってないと、内視鏡が入らないので、検査が出来ないです。いきなりすぐにしましょうというのではないです。でも、今はもっとこの検査も楽になってきました。カプセルのようなものを飲んで、腸のなかの様子を見ていき、最後は排出ということになります。これならそこまでの事前に準備はいらないですね。恥ずかしいのと多少の痛みもあるので、こういう簡単に出来る検査がもっと進むといいです。



大腸の内視鏡の検査を受けてみよう



日本人は、欧米諸国の人に比べると大腸がんが多い傾向があります。下痢が続いたり、便に血が混じっている時は放置をせずに、内視鏡による検査を受ける必要があります。良性の大腸ポリープは、約10パーセントの確率で悪性化する可能性があるため、発見したら切除をしたほうが良いです。内視鏡検査は苦しいとイメージを持たれている人が多いですが、浅い麻酔を掛けるので、痛みはほとんど感じないので安心して下さい。ポリープが発見された時はその場で切除をすることもありますが、20分から30分程度なので、体にも負担が少ないです。ポリープの組織を調べるために採取をして、後日検査結果を聞くために病院に足を運ぶ必要があります。大腸の内視鏡検査は、大変精密になっているので、大腸がんを超早期で発見出来ます。病気を早期発見できれば体に負担の少ない治療が出来ます。



内視鏡による大腸検査



内視鏡による大腸検査は、ガン等に代表される大腸疾患の発見および治療に非常に有効です。肛門からカメラを挿入するため、恥ずかしさ等の精神的な抵抗感や、カメラを挿入する前に下剤を使用して強制的に大腸を空っぽの状態にしておく必要がある為、肉体的に多少なりともの負担があります。しかし、現状をカメラで直接確認出来る上に、組織の採取も可能な為、病気の早期発見には欠かせない検査です。検査の際には多少の痛みを伴いますが、どうしても耐え切れない場合は、必要に応じて点滴や麻酔を使用することも可能です。また、発見が幸いにも早く、病気の進行が初期の段階では、開腹することなく内視鏡による術式の選択も可能です。内視鏡による手術の場合、開腹手術に比べて手術時間が短縮され、また患部の部位も非常に小さくて済みます。その為、術後の回復も格段に早くなり入院期間も開腹手術に比べて短くて済むのが普通です。

当社の強みは胃腸の内視鏡検査で、世界最高水準の苦しくない内視鏡検査を取り入れ、上質な医療を提供しています。 たばこでお困りの方は当院の禁煙外来にお任せください。 当サイトでは1年365日予約受付システムでのサービスを行っております。 経験を積んだ内視鏡技術と軽い鎮静剤により、無痛で楽な内視鏡検査を行っております。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ