大腸の内視鏡をする前の準備

大腸のガンが、日本では、1位ということを、以前耳にした記憶があります。常に自分でも、便などに気を配っていたほうがいいのかもしれないと考えるのですが、やはり、定期的に検査をしておいたほうが、安心かと思われます。でも、人から聞いた話によりますと、その大腸検査というものは、結構大変だということです。特に内視鏡を用いての検査となると、数日前からの準備も必要となるのだそうです。なるべく消化の良い食べ物を数日前から食べるように心がけ、前日には、お粥や、うどんなどにとどめておき、マヨネーズなど油分の食べ物は避けたほうが云いようです。そして、21時以降は食べないようにして、検査が終わるまで絶食するそうです。寝る前には、錠剤を飲み、当日は、また下剤などを飲むことになります。2リットルの水分を飲み、大腸の中の物をすべて出し切るという行為が一番大変だと聞いています。

内視鏡による大腸検査の重要性

20、30代という若い時期には、健康について不安はありませんが、40,50代と歳を重ねるうちに自分の健康について気にする傾向となってきます。これは、体の一部に痛みや違和感を感じるようになってくるからです。そこで、病院に行って、自分の健康状態をチェックすることになるのですが、一番手っ取り早く、体の異常を見つけることが出来るのが、内視鏡による大腸検査であります。現在、日本のガンによる死因の中で、大腸ガンは、男女とも上位を占めており、これを早期に見つけることで、長く健康的に生きていくことが出来ます。しかしながら、内視鏡検査というと日本人は、検査をしたがらない傾向があります。体の中で異常が起こっていることを知らずに、検査をしないでいると病気が進行していくことになり、結果的に手遅れとなってしまいます。早めに病院で自分の大腸の腸相の状態を確認することで、日頃の生活習慣の改善をし、健康的な体にすることが出来ます。

大腸の内視鏡検査はやっておくことです

大腸の内視鏡検査は、だいたい太さ13ミリの内視鏡を肛門より挿入して検査をします。イメージをするととても痛そうに感じますが、実際にはそんなことありません。そして検査をするためには、大腸の中を綺麗にしておく必要があり、便なども無い状態にしなくてはいけないです。検査では盲腸までの大腸にポリープなどがないか調べると共に、腫瘍・炎症・その他異常がないかを直接観察する検査になっています。考えるとちょっと恥ずかしく感じますが、現代では大腸がんなどがとても多くなっているので、検査をしておくことはとても重要となっています。食生活の影響もありますし、ストレスなどでアルコールの摂取の影響も見逃すことができないです。便秘になりやすい女性では、この大腸の検査をやっておくことで、生活で起こりえる様々な病気を未然に防ぐことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です